正しい洗顔方法と洗顔料の選び方

 

☆洗顔料を使った正しい洗顔方法でニキビケア

 

3f34afa381caf450b9050c9ca008b57a_s

ニキビケアの基本となるのが洗顔です。

洗顔で毛穴の中に詰まった皮脂や汚れ、古い角質といったものを洗い流す事により、治りを早めたり予防の効果を得られます。しかし、正しい洗顔方法を行わなければ、改善どころか症状が悪化してしまうケースもあるので注意が必要です。

まず洗顔料は、しっかりと泡立てます。泡がクッションとなり、手と顔の肌との間に起こる摩擦を軽減する事が可能です。洗う時がゴシゴシと擦るのではなく、優しくマッサージするような感覚で行いましょう。

 

☆ニキビに効果のある洗顔料の選び方

 

ニキビの症状を和らげることができる洗顔料は、今や様々な年代の消費者からの期待が寄せられています。特に、このような商品の選び方を覚えるには、いくつかの人気商品の主成分や、価格帯、効能などを把握しておくことが良いとされます。

awa

ニキビの対策の立て方は、人それぞれの価値観や肌の状態により、大きな差があると言われていますが、若々しい肌質を維持したいときには、母乳と同じ成分(ラウリン酸)の天然素材であるヴァージンココナッツオイルが配合された肌に優しい無添加の洗顔料を選ぶことにより、古い角質やメイク汚れをきれいに落とし、ニキビのできにくい肌へと導いてくれます。

 

☆ヴァージンココナッツオイル配合のおすすね無添加洗顔料☆

 

・VCOマイルドソープ

VCOマイルドソープ

VCOマイルドソープは、天然の母乳成分=ヴァージンココナッツオイル(VCO)の恵みをふんだんに配合した自然派の洗顔石けんです。

最高品質のインドネシア産ヴァージンココナッツオイル(VCO)に含まれるラウリン酸の気泡力で、生クリームのような濃密な泡立ちを実現。

毛穴の奥の汚れはすっきり落としてくれますが、お肌の潤いを保つために必要な皮脂はきちんと残すので、洗顔後はモチモチ赤ちゃん肌へと導いてくれます。

 

洗顔料の役割とニキビに効果的な洗顔料

 

☆ニキビと洗顔料の役割とは

 

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

ニキビ予防・改善に洗顔は欠かせません。洗顔料の役割は、毛穴の中にある皮脂や汚れを、落とす事にあります。ニキビは皮脂をエサとするアクネ菌が増殖する事で起こる為、しっかり皮脂をケアする事が予防と改善に繋がるのです。

たっぷりと洗顔料を泡立てた泡で洗顔する事によって、毛穴の中に入り込んだ皮脂や汚れをかき出し、洗い流す効果が期待できます。この他にも古い角質を取る作用も洗顔料にはあるので、毛穴の詰りを解消しニキビケアに有効です。

 

☆ニキビに効果的な洗顔料とは

 

最近は大人も悩まされるというニキビ、肌表面のいらない角質層がいつまでも残っていることが原因なので、穏やかに角質層を剥がすケアが必要です。

321cdd41b0bac76e4f18e5ffcdcec274_s

ピーリング成分はニキビに効果的なので、洗顔料に配合されているものを使えば、毎日のお手入れでニキビケアができます。

洗顔料をたっぷりと泡立て、気になる部分に厚めに乗せ、しばらく放置してから洗い流すと、汚れとともに古い角質層が綺麗に落とせます。肌は裸の状態になり、そのあとの化粧水や美容液もぐんぐん浸透します。

 

☆ピーリング成分配合のおすすめ洗顔料☆

 

・テンデシカ

tendecica

テンデシカは、炭酸パック洗顔で、濃密炭酸泡で優しくしっかりお肌を洗い、毛穴汚れも古い角質もつるんと綺麗に落としてくれます。1つでパック・洗顔・ソフトピーリングの3役が可能です。お肌に優しいソフトピーリング効果でツルツル生まれたての素肌へと導いてくれます。

テンデシカは、強い粘着性のある毛穴パックとは違って、毛穴汚れを取るためにお肌を痛めることがないので、お肌自体も正常なターンオーバーを乱されることなく、美肌に近づいていけます。

 

ニキビ跡「シミ」の原因とケア方法

 

☆ニキビ跡「シミ」の原因について

 

189017

間違ったケアによりニキビ跡が残ってしまった、という経験をされた方も少なくはありません。実はニキビ跡はシミの原因になるのです。

ニキビができるときにアクネ菌が繁殖しますが、これに闘うために活性酸素が対抗します。活性酸素はアクネ菌と闘ってくれますが、それと同時に肌を傷つけてしまうのです。

この活性酸素から肌を守るためメラニンが作られます。このメラニンがシミの原因である、色素沈着を引き起こしてしまうのです。

 

☆ニキビ跡「シミ」のケア方法について

 

ニキビ跡やシミなどの肌トラブルに関しては、他人から指摘されやすいことであり、日頃から身だしなみを整えるうえで、しっかりと対処をすることが望まれます。

9241c9147dfdbb105eacd9f452dd8ab5_s

例えば、ニキビ跡やシミに有効な化粧水やクリームは、各地の小売店や通販などで販売されており、自宅で簡単に挑戦できるケア方法のひとつとして支持されています。

肌トラブルの悩みは、友人や家族に相談をすることが難しいことがあり、色々な体験談を参考にしながら、各自の生活に見合った方法を選ぶことが大事です。

 

☆ニキビ跡「シミ」に効果があるおすすめ美容液

 

・ベルブラン

belleblant1

ベルブランは酷いニキビ染み用に開発され、美容エキスをナノレベルにまで小さくし肌へ浸透させ、肌の表面ではなく真皮とよばれる部分までしっかり染みこませ、気になるニキビシミに働きかけてくれます。

肌の色素というのはメラニンという色素が沈着することでシミなどの原因となります。ベルブランは、まずメラニンの生成を抑えた上で、色素が沈着するのを防いでくれます。正しいケアをして、透き通った綺麗なお肌を目指しましょう。

 

ニキビ跡「凸凹」の原因とケア方法

 

☆ニキビ跡「凸凹」の原因について

 

220869

凸凹のニキビ跡の原因は、肌の内部にある真皮まで傷がついて、陥没が起こってしまうことです。

同じようなニキビでも、そのニキビの炎症具合や肌質、体質によって凸凹に残ってしまうかどうかが変わってきます。

肌のターンオーバーは、表皮の部分でしか起こらないため、内部にまでダメージを受けてしまっているほとんどの場合がニキビ跡として残ってしまうのです。更に凸凹のニキビ跡にさせない為にも、ニキビに刺激を与えず、悪化させないことが大切です。

 

☆ニキビ跡「凸凹」のケア方法について

 

デコボコになったニキビ跡の自宅でできるケア方法は、肌に合った洗顔料を使って肌を清潔にしたあと、十分に保湿することです。

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

ニキビのあとにできる凸凹は、炎症が皮膚の真皮まで達してしまいコラーゲンが破壊されてできたものです。肌のターンオーバーを正常に戻すことでコラーゲンの生成を促すことができます。

そのためには、肌の細胞の働きを活性化させる必要があります。食事や睡眠などの生活習慣を整え規則正しい生活をすることで肌に栄養が届くように心がけることが大切です。

 

☆デコボコ肌に効果があるおすすめ美容液

 

・薬用アクレケア

acracare2

薬用アクレケアは肌のターンオーバーを整え、肌が正常な状態に戻るのを助けてくれます。それだけではなく、肌の炎症を抑えることで跡だけに限らず今できているニキビにも働きかけ、赤みやシミなどに作用して白く美しい肌に導いてくれるのです。

また、薬用アクレケアは、基本的な肌ケアを行いつつ、ニキビ跡の凹凸に働きかけて、肌全体を美しくしながら、跡をきれいにしていってくれるのです。ヒアルロン酸の10倍の保湿効果がある月下香エキスは、肌表面を包み込み、デコボコ肌を滑らかに整え、目立たなくしてくれます。

 

ニキビ跡「しこり」の原因とケア方法

 

☆ニキビ跡「しこり」の原因について

b9edbe432093f31631946b755d24852c_s

ニキビ跡がしこりとなって残ることがあります。

ニキビは、体内からの老廃物を排出する作業が滞りを見せることにより皮膚に表面化しますが、皮膚の内部組織にも症状として居残る場合があります。

これは、体内からも本来の皮膚組織を取り戻そうと、再生機能を過剰に働かせ過ぎていることが原因となっていますので、痛みなどを伴うこともあります。

症状の強まりを防ぐには、人間の皮膚作りの作用だけでは追いつかないこともありますので、しこりを取り除くための早めの対処が必要になります。

 

☆ニキビ跡のしこりのケア方法について

 

bece23549ca6ff24b553f8755c7fe4de_s

ニキビの炎症がひどい場合に、しこりとして残ることがあります。

ニキビの肌へのダメージが大きくて、治そうとする細胞が多くなりすぎてしこりとして残ります。治療は長期化することがあります。医者への相談が早いのですが、自分でできるケア方法は、ニキビ用品で肌の再生を促して正常な状態を作ることです。

ニキビ跡がクレーター化しないようにけっして潰してはいけません。野菜をたくさん摂り、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが出るように、睡眠不足にならないようにしましょう。

 

☆おすすめニキビケア用品でターンオーバーを促進しよう!

 

・メルライン

melline1

メルラインには、ニキビ跡が残ってしまったお肌の再生サイクルをサポートする「独自抽出ビオカタライザープラセンタ」と「天然ビタミンE」を配合し、潤い成分をたっぷり肌に与えるので、健康な肌サイクルへと導いてくれます。

また、メルライン一つで、化粧水・乳液・美容液・クリーム・化粧下地という5つの働きがあり、さらにあご・フェイスラインだけでなく、顔全体・デコルテ・首など、全身に使うことができます!

 

ニキビ跡「赤み」の原因とケア方法

 

☆ニキビ跡「赤み」の原因について

 

105767

ニキビ跡には、赤みが残るものがあります。

この赤くみえる原因としては、血液が透き通ってみえることにあります。ニキビができると、アクネ菌が繁殖して皮膚が炎症を起こします。そして組織がダメージを受けると、それを治そうと毛細血管が集まります。

ニキビでダメージを受けた皮膚は薄くなっているので、毛細血管が集まるとその部分が赤みをおびて見えます。そして、この炎症が皮膚の深い部分にまで及ぶと、肌の新陳代謝が正しく行われなくなり、赤みが残った状態が続いてしまいます。

 

☆ニキビ跡「赤み」のケア方法について

 

ニキビ跡の赤みについては、若い女性にとって代表的な肌トラブルのひとつとして扱われることがあります。このような症状のケア方法は、身体を内側から体質改善して、ニキビや赤みを予防・改善した方が良いです。

042

手っ取り早いのはサプリメントの摂取で、中でも乳酸菌抽出物LFK配合のサプリメントだと酒さに効果があり、特許まで取得しています。毎日継続することで、少しずつ腸を生まれ変わらせ、気になっていた赤みも引いていき、あなたが本来持っていた美しい肌の色を取り戻す手助けをしてくれます。

 

☆ニキビ跡「赤み」に効果があるおすすめサプリメント

 

・カルグルト

caigurt1

カルグルトは、厳選された5種類の生きて腸まで届く乳酸菌(乳酸菌抽出物LFK、ガセリ菌、ラブレ菌、ビフィズス菌ビースリー®、ラクリス®-S)が一緒に摂れる乳酸菌サプリメントです。

中でも乳酸菌抽出物LFKは、健康な人の体内に多く存在する乳酸菌「フェカリス菌」を酵素で分解した特別な乳酸菌です。ビタミン、ミネラル、核酸成分がたっぷりで、乳酸菌の王様とも呼ばれています。一般的なフェカリス菌よりも吸収しやすく、効率的に成分や菌を摂取します。

乳酸菌抽出物LFKは、体内環境を整えながら、ニキビや酒さ(額や頬の赤み)への効果などが期待できます。

 

ニキビが出来やすいアトピー肌の状態・原因・対処法

 

☆ニキビが出来やすいアトピー肌の状態

 

220869

アトピー肌は、外部刺激から肌を守る機能が低いために、ちょっとした刺激で皮膚炎が出てしまいます。遺伝的な影響が大きいことが知られており、各自の肌の状態に合わせて、ケアの方法を考えることが大切です。

ニキビの対策に興味を持っている若者が増えていますが、アトピー肌の症状を並行してケアすることで、魅力的な肌質を目指すことができます。

ニキビのケアを正しく理解するには、医師や看護師などの助言をもらうことはもちろん、肌へのダメージの少ない化粧品やオイルなどを用いることが良いとされます。

 

☆ニキビの原因のアトピー肌とは何か?

 

ニキビは、アトピー肌にも発症のしやすさがあります。

原因のひとつとしては、アトピー肌に共通する乾燥肌状態にあります。乾燥が増すに従って、皮膚そのものが厚みを帯びることにより、毛穴の入り口を塞ぎ、体内からの老廃物の排出がうまく働きにくくなっていることが考えられます。

アトピー肌は、水分量が少なく乾燥しており、肌バリアの構成要素である天然保湿因子やセラミドが減少しているのです。薬剤やスキンケアによって、肌に潤いを取り戻し、やわらかさを作り上げることによってニキビも出にくくなります。スキンケア類は、敏感肌に刺激の少ないものを選ぶことがポイントです。

 

☆アトピー肌の人のニキビの対処法とは?

 

d4aa45c3e6033cb55e063ec47c1f1963_s

肌トラブルとして良く聞かれているニキビ肌やアトピー肌、一見全く違う肌トラブルのように見えて、原因はお肌の水分不足が引き金となっていることもあり、もっとも効果的な対処法としては、保湿ケアを徹底させることです。

またアトピー肌は言うまでもなく、ニキビも刺激を与えないことが醜い痕残りを回避させることにつながるので、お肌にできるだけソフトなお手入れを心がけることが大切です。スキンケアを行う時は優しく触れるようにしましょう。

 

☆ニキビ対策!アトピー肌用おすすめ化粧品

 

・EauJeune(オージュンヌ)

オージュンヌ

アトピーを克服したマネージャーと皮膚科医の先生との共同開発!アトピー肌・敏感肌用の化粧水EauJeune(オージュンヌ)は、スキンケア用弱酸性水を使用し、化粧水では90%ほどの割合を占める「水」にこだわりました。

アトピーの方は、肌がデリケートで外部の刺激によるダメージを受けやすいので、発汗や乾燥・光などの刺激に弱く水分が蒸発しやすく乾燥しやすい状態になっています。スキンケア用弱酸性水は、ミネラルたっぷりの肌を清潔に保ち、肌トラブルからお肌を整えてくれます。

 

ニキビが出来やすい混合肌の状態・原因・対処法

 

☆ニキビが出来やすい混合肌の状態

 

089647

肌質は個人差があります。その中でも「混合肌」は、ニキビが出来やすい状態となっている肌質です。この肌質はおでこや鼻といった、いわゆるTゾーン部分は皮脂分泌が過剰で、頬やあごといった部分は皮脂分泌が少なく乾燥しています。

べたつく部分とカサカサする部分とが、混合しているから混合肌と言われているのです。混合肌の場合、皮脂が多い部分にニキビが出来やすくなっています。

皮脂を取るようなケアを顔全体にしてしまうと、頬やあごは余計に乾燥してしまう為、Tゾーンとそうで無い部分とのケアを変える必要があります。

 

☆ニキビの原因の混合肌とは何か?

 

額や鼻などのTゾーンはオイリーでテカテカしているのに、目元や口の周りなどはカサカサに乾燥してしまって、どうケアしたらいいか困ってしまう混合肌は、ニキビもできやすい状態になっています。

なぜなら、混合肌の場合、皮脂が過剰に分泌されてしまうことでオイリーな部分につまりが発生しやすく、ニキビの原因になり、カサカサしている部分も乾燥により炎症を起こしやすいので、こちらもニキビができやすくなっているためです。

 

☆混合肌の人のニキビの対処法とは?

 

423f22e3599ac863f7d7a4aef6b1937e_s

部分的に乾燥と脂性が混在するのが混合肌です。混同肌でニキビができた場合の対処法はどうしたらいいのでしょうか。

通常のスキンケアと同様、肌質に合わせたスキンケアをすればいいわけです。つまりニキビができたのが乾燥部分であれば、清潔を保ちつつ保湿ケアをすること。脂性部分であれば原因が皮脂の過剰分泌なので、同じく清潔を保ちつつ、ニキビ用のローションなどでケアすることです。

油っぽいからと言って保湿しないと余計に皮脂が分泌されるので、専用のローションなどでしっかり保湿するのがポイントです。

 

☆ニキビ対策!混合肌おすすめ化粧品

 

・イキテルローション

乳酸菌由来の3つの保湿成分(乳酸菌発酵エキス(ミルク)・ビフィズス菌発酵エキス(大豆)・高分子ヒアルロン酸)を配合した化粧水、ヤクルト化粧品の「ikitel(イキテル)ローション」は、角質層までしっかりうるおして、豊かなハリと弾力のあるお肌を保ってくれます。

PHコントロール作用もあり、肌を弱酸性に保ち、細菌の繁殖をおさえてくれるので、ニキビや肌荒れなどのトラブルにも良く、おすすめの化粧水です。

 

ニキビが出来やすい敏感肌の状態・原因・対処法

 

☆ニキビが出来やすい敏感肌の状態

 

097445

敏感肌の人にとって、肌質を健康的な状態に保つことは、日常生活における大きな課題といえます。特に、ニキビなどの吹き出物を予防するには、各自のライフスタイルに従って、適切な対策を立てることが望まれます。

敏感肌とは、肌内部の角質層が乾燥してインナードライ肌になってしまうことを言います。敏感肌の人であっても、問題なく使用できる市販の化粧水や洗顔フォームなどが販売されており、自宅に居ながらスキンケアにこだわる人が目立っています。

また、肌質の状態を継続的に観察することで、肌ストレスの掛からない生活を心がけることがポイントです。

 

☆ニキビの原因の敏感肌とは何か?

 

ちょっとした刺激でも過剰に反応してしまう敏感肌だと、ニキビが出来やすくなるので注意しましょう。肌が敏感な状態というのは、肌のバリア機能が低下しています。

角質層の水分量が不足し、角質のキメが乱れバリア機能が低くなると、紫外線やほこり、自分の髪といった些細な事でもダメージを受けやすくなるのです。肌内部の水分も蒸発しやすくなる為、乾燥からニキビが出来やすくなります。また、敏感肌でニキビになる方は、接触皮膚炎を起こしていたり、ターンオーバー周期が異常に早くなっていることも考えられます。

 

☆敏感肌の人のニキビの対処法とは?

 

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

敏感肌は、若い女性に多い肌質のひとつとして取り上げられることがあり、肌の状態をきちんと改善するためには、いくつかの対処法を学ぶことが大切です。

例えば、ニキビの症状を抱えている人にとっては、敏感肌の対策を行うことが一般的となっており、各自の予算の都合に応じて、美容化粧品や健康食品などを効果的に用いることが有効です。

また、ニキビの症状を軽減するコツを覚えるには、より多くの人の体験談に目を通すことも大事です。ニキビの原因となる敏感肌は、セラミドなど保湿成分でケアする事で、症状は緩和すると言われています。

 

☆ニキビ対策!敏感肌用おすすめ化粧品

 

・バリアバランス保湿ジェル1

バリアバランス保湿ジェル1は、アトピー肌や敏感肌など、肌が弱い方のために作られた低刺激性の保湿ジェルで、皮膚の「バリア機能」に着目し、肌を健やかに整えることによって、外部刺激に負けない確かな潤いを保つことができる健康美肌へ育ててくれます。

お肌の美しさと潤いを保つ「バリア機能」を補う成分として世界から注目されている、3種類のセラミド(セラミド1・セラミド3・セラミド6Ⅱ)を配合し、不足したセラミドをしっかり補うことで、角質層に自然に浸透し、外部刺激から肌を守ります。

 

ニキビが出来やすい乾燥肌の状態・原因・対処法

 

☆ニキビが出来やすい乾燥肌の状態

 

a47850d9b5cd66207893bc72ff27e20d_s

一般的に、肌質の状態は、一人ひとりの遺伝的な体質や、生活の過ごし方などにより、大きな個人差があると言われています。特に、乾燥肌の人であれば、ニキビをはじめとする様々な肌トラブルに悩まされることが多いとされ、日常的に健康管理をきちんと行うことが求められます。

乾燥肌とは、角質層の水分量が10%を割り込んでしまった状態のことを言います。乾燥肌の状態に応じて、定期的に保湿のケアをすることはもちろん、毎朝の洗顔の方法を工夫することにより、症状の悪化を最小限に抑えることが良いとされます。

 

☆ニキビの原因の乾燥肌とは何か?

 

乾燥肌がニキビの原因となることはご存知でしょうか。

皮脂や角質の水分が少なく、肌がカサカサしていて角質が分厚くなってしまうと、少ない皮脂が毛穴に詰まってしまい、ニキビが出来てしまいます。逆に、皮脂が多くても、実際は肌の水分量が少なく、過剰分泌による皮脂で毛穴が詰まり、慢性化させてしまうことがあります。

どちらも乾燥肌が原因で起こるので、十分な保湿が必要です。必要な皮脂まで落としてしまう洗顔料なども、使う頻度を減らしたり、優しく洗顔することを心がけると良いでしょう。

 

☆乾燥肌の人のニキビの対処法とは?

 

6df208ce20717429e75c3904843aff2e_s

乾燥肌は、様々な肌トラブルを引き起こす原因となることがあり、特に冬の時期には念入りに対策を立てることが大事です。ニキビの対処法を覚えるには、食生活や運動習慣、ストレスなどのポイントをきちんと見直すことが勧められます。

また、乾燥肌の悩みを持つ女性は、決して珍しくないと言われており、ニキビのケアに取り組むにあたり、くれぐれも無理のない方法を選択することが必要です。セラミド化粧水などを使用すると肌へ保湿成分をたっぷりと与えてくれ、乾燥肌や肌荒れも防いでくれる効果が期待できます。

 

☆ニキビ対策!乾燥肌用おすすめ化粧品

 

・咲水スキンケアジェル

咲水スキンケアジェルは、外部刺激から角質層を守り、潤いのバリア効果を強化するなどローションとの美容の相乗効果が期待できる4種のセラミドやメラニン抑制の期待ができ、グリセリンの保湿効果を併せ持つビタミンC誘導体を配合。

TVでも注目成分のスイゼンジノリ多糖体がお肌に潤いを与え、乾燥からあなたの肌を守り、肌理(キメ)を整えてくれる、お肌に嬉しい自然派スキンケアジェルです。